無料ブログはココログ

« アイコンとシナリオ(2) | トップページ | 週刊少年ジャンプ(46) »

2006年10月16日 (月)

「クイックハルト」レビュー

いろいろあって、郁雄/吉武様がサイトで「クイックハルト」(文芸社)の
レビュー献本希望者を募集していることを知りました。
郁雄/吉武様のサイト:
http://www.astronaut.jp/halt/halt.htm
私はそれに応募し、本書を読了しましたのでレビューいたします。

レビューした私について:
・作者様が何者かについての基礎知識は一切、ありません。
・文芸社についても初耳です。
・他のレビューにはすべて目を通しました。
・作者様が想定されている年齢より上です。

ではそんな私のレビューを箇条書きで書かせてもらいます。

・最初に全体についてふれる。文章はまぁ普通で、すらすらっと最後まで読めた。これはかなりいいことだと思う。読みにくい小説など、途中で読むのやめて寝るか投げるかすることもあるから。正直、そうならないか不安だったけども、そうはならなかった。つまり、一定水準以上の文章、面白さはあると思う。電撃、富士見、ファミ通とかの文庫です、といわれても特に違和感は感じません。しかし、キャラの魅力が乏しく劇的なシーンがほとんどない。いや、あるんだけども、あまり劇的に感じない。このあたりは厳しい。以下は短所についてふれる。

・良一と千早がお互いのどういうところが好きでカップルになったのかがわからない。今のところ、お互い好みの容姿で同じ傷を持つ者どうしだから、くっついているとしか思えない。いやまぁ、現実問題、ほとんど容姿で決まるから、リアリティにかけるとかは言わないけれども。良一は千早のどこがすきなのか? 千早は良一のどこが好きなのか? 描写されてたかなぁ、されてたらごめんなさい。良一も千早も両親や家族とのシーンがゼロだったから、それらを失うことの悲しさというのがいまいちわかりづらい。だから、両親や家族の喪失というのが劇的になりにくい。追記:だから、この二人はああいう結末になったんだ、と思えた。

・レイアについてだけれども、設定がすべて明かされていないから、消化不良だ。この本ではレイア自身がいくつか自分について語っているけれども、それが正しいかどうかもわからない。すごいというのはよくわかるんだけども、キャラの魅力がいまいち感じられない。なぜだろう、機械っぽいからかな。

・近恵についてだけども、このキャラが一番、魅力がある。設定や描写がよかったんだろう。

・敵はほとんど描写されていないから、無味乾燥としか言いようがない。私個人の趣味になるけれども、面白い物語は両翼がそろってなくてはいけない。味方キャラの魅力、敵キャラの魅力、この両翼がそろってはじめて空がとべる。だから、敵キャラに魅力がないとどうしても面白みがへる。嘆きのエヌも敵レイアも描写がごく限られてるので、このあたりはつらい。

・昭和日本、平成日本などの設定は面白いと思う。しかし、描写が少ないのと、設定に矛盾を感じてしまい、リアリティにかけてるように思える。気づいたことについていくつかあげる。各時代の技術者の仕事はどうなるのだろうか? 昭和日本の技術者が平成日本に属する技術を開発してしまえばどうなるのか? 大正昭和日本が敗戦して終戦日本が生まれたという描写があったが、その後、大正昭和日本というスペースはなくなるのであろうか? 大正昭和日本では近恵さんの夫が結婚して50年間~で死んだとかいう描写があったが、それだと70~80歳だろう。大正~昭和20年で35年しかない。このあたりの矛盾が気になった。未来への移住は可能らしいが、大正昭和日本で失業者とかなら、みな移住しまくるのではないだろうか? 他の国もあるらしいが、アフリカの最貧層、インドの下層カーストの人たちなども全員、新天地を目指すのではなかろうか。それと、移住先で就職の斡旋はあるのだろうか? でなければ、昭和日本→平成日本の移住なんてあまりすすまないような気はする。斡旋があれば、アフリカの最貧層、インドの下層カーストなどみな移住するだろう。まだいくつかあるけど、もうきりがないのでやめることにする。追記:作者サイトの説明を読んでいくつかの矛盾は消えた。

・最後に。
制度に従って、この本の読了でレビューしたけれども、それは真のレビューにならないのではなかろうか。本書では何もわかっていないし、何も決着がついていない。今の私の心境は全8章の本を2章まで読んで、感想を書いているような感じだ。上記で厳しいことばかり書いているが、最終章まで読めばレビューは変わるかもしれない。レイアや敵に魅力を感じるかもしれないし、劇的なシーンがあるかもしれない。

以上です。おそまつなレビューでした。

« アイコンとシナリオ(2) | トップページ | 週刊少年ジャンプ(46) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「クイックハルト」レビュー:

« アイコンとシナリオ(2) | トップページ | 週刊少年ジャンプ(46) »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31